改めて自己紹介

こんにちは。
はじめましての方もいらっしゃると思うので改めて自己紹介です。

イラストレーターと漫画家をしている木村いこと申します。
ホームページ:http://teabreak.pupu.jp/

奈良県出身→大阪北摂→東京都。
緑の多いのんびりしたところに住んでいます。


2005年にデザイン事務所でイラストレーターとして勤務し、
2007年に漫画家デビュー。
2008年にフリーとして本格的に活動開始。

趣味は さんぽ、文具・画材収集、自分のアンテナに引っかかった町の飲食店で飲み食いすること。
子どもの頃にできなかったTVゲームを今ごろプレイすること。


イラストの主な仕事は児童書、教科書が今のところ多いです。
お仕事のページ
得意とするジャンルは食べ物系、物、風景。
ふんわりした水彩タッチがメイン。

物系イラスト例


ナツメ社:「日本昔ばなしのことば絵本」から一部

食物イラスト例



同時に漫画のお仕事もしていて、単行本も数冊出しています。

<著書>
発売中のコミックス
夜さんぽ」(徳間書店リュウコミックス)
いこまん」(徳間書店リュウコミックス)
たまごかけごごはん」(徳間書店リュウコミックス)
きなこもち」(マッグガーデン)
現在は「ごはん日和」で隔月連載中。



<これからやってみたいお仕事>
趣味で体験型レポート漫画のようなものを描いているので、それがお仕事にもつながればと思っています。
どうぞお気軽にご相談下さい

奈良の実家のお盆の話。
→「ウチん家のおぼん」のつづきはこっち

多摩川をさんぽした時の1ページ漫画。

思い起こせば小学生のころの夏休みの宿題の日記や、中学のころ先生とやり取りをしていた日記を描くのがメチャクチャ好きでした。
今もその延長上で描いているのかも知れません。


【お仕事のお問い合わせ】
 メールアドレス:teabreak*jg.pupu.jp(*→@)
 基本お仕事のやりとりはメールで行っております。

メールをいただける際は下記の内容を記載してお送りください。
・制作内容(使用媒体や使用期間)
・制作点数
・制作期間
・ご予算
・ご連絡先(会社名、住所、ご担当者様のお名前)

教科書の挿絵と近況と

涼しくなりました。
この前までお昼から干した洗濯物もカラッと乾いてくれていたけど 最近は微妙に湿っている感が・・・。

 ----------------
大日本図書さんの令和2年版 小学校生活「たのしいせいかつ」のイラストを 24点描かせていただきました。
 
以前も言ったきがしますが、教科書やドリルの挿絵が子どものころから好きでした。
おもしろくない勉強も挿絵が少し入るだけでなんだか楽しくなり、挿絵のない場所には自分で描き足したりしていました。

そんなだったので小学高学年から徐々に絵が減っていく教材を寂しく思っていました。
内容がより詰まってくるから仕方ないのでしょうね。
でも代わりに教科書とはべつにあった資料集には絵や写真がたくさんあったのでよく眺めていました。
中でも石器時代、縄文弥生時代の絵や写真がすきだったのを覚えています。
だからといって今べつに詳しいわけではないのですが・・・。

今自分がさせて頂いているのはそんな子どものころの延長上のお仕事です。
楽しく勉強するための教科書に彩りを加えられるうれしさ。
ご指名いただけて担当の方とご一緒するのも楽しみのひとつです。

今回公開した大日本図書さんのお仕事、全部ではありませんがHPのお仕事ページにも少し公開しております。
これからも子どもたちの勉強の側にある絵を描いていきたいです。
そんな感じですので、教育系の出版社のみなさま、これからもどうぞよろしくお願い致します。

----------------

 先月あたりからipad proを使用してマンガやイラストを描いております。


気楽に落書きを描くために買ったのですが、外で作業をしなくてはいけない状態となり思い切ってCLIP STUDIO PAINTをipad proにも導入してみました。
これが思いの外使いやすく仕事が捗るのです!
図ではマンガ作業のことを描いていますが、現在進行中のデジタルイラストの方でもバンバン活躍中です。
pcのタブレットで絵を描くと腱鞘炎になってしまいデジタル絵から離れていたのですが、ipad proでの作業は今のところ負担なさそう。
自分に合っているのかも知れないですね。
買ってよかったなぁ。

----------------

今、外出先でのスケッチにはまっております。

こちら2点は新大久保。

そのへんにふつうに売ってるぺんてるのサインペンとマルマンのスケッチブックを使用しています。
貧乏性だからかどこででも手軽に入る安い画材での制作だと気兼ねなく描けるのでいいです。

ラベルを描くのが好きなので描いたりメモしたり。
少し前に生真面目な性格が出てきてしまい、「人に見せれるよう、ちゃんとしたものを描かなくては」と気負って描けなくなっていました。
しだいに"絵を描く"ことが自分の負担になり、このまま自分は描けなくなるのでは・・・と悩んだりも・・・。
幼少の頃から毎日描き続けていた絵というものから気持ちが離れてしまう。
ショックでした。

でも創作への気持ちは抑えきれず、近所の陶芸教室に掛けていって無心になって何かを作っていました。
で、できたのがこちら。
・・・・
なんでしょうこれは。
自分でもよくわかりません。
気づいたら出来上がっていました。
この抜けた顔。
ある意味"どうでもいいや"と思いながら作ったもの。
でもこの"どうでもいいや"を作ったのを期に肩の力が抜け、また絵を描く姿勢に戻ることができました。

柔軟性を忘れてはいけませんね。
それから、いつもと違うものに触れること。
それも大事なのかもしれません。

今回戻ってこれたキッカケとなったこの人形。
私にとって大切なものになるかも知れません。