改めて自己紹介

こんにちは。
はじめましての方もいらっしゃると思うので改めて自己紹介です。

イラストレーターと漫画家をしている木村いこと申します。
ホームページ:http://teabreak.pupu.jp/

奈良県出身→大阪北摂→東京都。
緑の多いのんびりしたところに住んでいます。


2005年にデザイン事務所でイラストレーターとして勤務し、
2007年に漫画家デビュー。
2008年にフリーとして本格的に活動開始。

趣味は さんぽ、文具・画材収集、自分のアンテナに引っかかった町の飲食店で飲み食いすること。
子どもの頃にできなかったTVゲームを今ごろプレイすること。


イラストの主な仕事は児童書、教科書が今のところ多いです。
お仕事のページ
得意とするジャンルは食べ物系、物、風景。
ふんわりした水彩タッチがメイン。

物系イラスト例


ナツメ社:「日本昔ばなしのことば絵本」から一部

食物イラスト例



同時に漫画のお仕事もしていて、単行本も数冊出しています。

<著書>
発売中のコミックス
夜さんぽ」(徳間書店リュウコミックス)
いこまん」(徳間書店リュウコミックス)
たまごかけごごはん」(徳間書店リュウコミックス)
きなこもち」(マッグガーデン)
現在は「ごはん日和」で隔月連載中。



<これからやってみたいお仕事>
趣味で体験型レポート漫画のようなものを描いているので、それがお仕事にもつながればと思っています。
どうぞお気軽にご相談下さい

奈良の実家のお盆の話。
→「ウチん家のおぼん」のつづきはこっち

多摩川をさんぽした時の1ページ漫画。

思い起こせば小学生のころの夏休みの宿題の日記や、中学のころ先生とやり取りをしていた日記を描くのがメチャクチャ好きでした。
今もその延長上で描いているのかも知れません。


【お仕事のお問い合わせ】
 メールアドレス:teabreak*jg.pupu.jp(*→@)
 基本お仕事のやりとりはメールで行っております。

メールをいただける際は下記の内容を記載してお送りください。
・制作内容(使用媒体や使用期間)
・制作点数
・制作期間
・ご予算
・ご連絡先(会社名、住所、ご担当者様のお名前)

お仕事情報とイベント告知と漫画「夜さんぽ」について

お盆もおわり、真夏の暑さがだいぶやわらいで来たようにかんじます。

まず最初に「夜さんぽ えんぴつ原画展」においで下さった皆さまありがとうございました!
初めての個展ということで反省点はいろいろありますが、なんとか形になったのでよかったです。
今後に活かしていきたい。
 
◯お仕事情報
ぶんか社さんから今月発売の「ごはん日和 つるっと夏の麺特集」 に漫画を乗せていただいております。
タイトル通り、夏に食べる魅力的な麺がたくさん紹介されている漫画雑誌で、私は「立ち食いうどん」というテーマに挑んでみました。

たぶん初女子高校生主人公のお話です。けっこうカワイク描けたと思う。
ご講評もいただいていて感謝感謝です。

コンビニで入手できますので、見つけたらぜひ手にとって見てみて下さいね^^


◯8月20日(日)のコミティア121に参加します。
サークル名はいつも通り「茶休憩」
ブースNo.展01


前回5月に引き続き、「夜さんぽ」の展示を行います。
今回は6話〜11話までの原画と、広告類に使われた絵、カラーイラスト等を展示します。
先月行われた「えんぴつ原画展」で販売したグッズたちも並べる予定です。
夏休みの最後、ぜひぜひあそびにいらっしゃって下さい。


◯漫画「夜さんぽ」ご講評いただいているみたいでとってもうれしいです!
ネットでの感想はもちろん、いろんなところでご紹介いただいております。

ご紹介下さったみなさま
------------------------------------
北海道新聞さん

きんどるどうでしょうさんで医師の方にご紹介いただいています。
【書評】マンガ家・木村いこが不安障害から回復を目指すコミックエッセイ『夜さんぽ』

ほんのひきだしさんではCOMICリュウの担当さんが「夜さんぽ」が出るまでの経緯や、作品に対する思いを大切に大切に書いて下さいました。
夜の散歩が不安障害のつらさをじんわり癒す こころにやさしいコミックエッセイ『夜さんぽ』 


なんかこう、しあわせです。
たくさんの方に読んでいただき、必用な方に届いているのだなと思うと。
そしてそれも感じます。

単行本、電子書籍のどちらもありますので
「夜さんぽ」引き続きどうぞよろしくお願い致します。